EN13329(耐汚染性)

HOME | 資料とEN13329 | 耐汚染性

耐汚染性の説明

汚染材料を3グループに分け、耐汚染性を5段階で評価

耐汚染性の試験方法と品質の評価は「EN 438」に準じます。

 

汚染材料の3グループ(Groups)と試験条件は下記となります。

Groups 1

(常温の汚染材料、16時間から24時間放置)

練り歯磨き、ハンドクリーム、尿、アルコール飲料、野菜ジュース、肉、からし、他

Groups 2

(約80℃の汚染材料、16時間放置) コーヒー、紅茶、ミルク

(常温の汚染材料、16時間放置) コーラ、ワイン酢、アルカリ性洗浄剤、アンモニア(濃度10%)、マニュキア液、口紅、他

Groups 3

(常温の汚染材料、10分放置)

水酸化ナトリウム(25%溶液)、過酸化水素(30%溶液)、漂白剤、靴墨、髪染め液、ラッカー、他

 

耐汚染性の評価

汚染材料を水で洗い流し、最終的にエタノールで洗い、化粧面に及ぼす影響で評価する。

Grade 5

可視変化なし。

Grade 4

ある検査角度だけ目視で分かるつや、色の軽微な変化がある。

Grade 3

つや、色に適度な変化がある。

 

クロノテックス商品の用途クラスはCOMMERCIAL 31, 32, 33のため耐汚染性は次の通りです。
汚染材料 Groups 1 and 2 :Grade 5 の評価
汚染材料 Groups 3 :Grade 4 以上の評価
 
油性フェルトペンの落書きは、家庭用消毒液(エタノール70%以上)で拭き取れます。
 
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
 

 
 
 
クロノテックスクロノテックス